福島県の葬儀のしきたり

subpage1

福島県は江戸時代に多くの藩で構成されていた名残から、同じ福島県内でも地域によって葬儀のしきたりが異なると言われています。

福島の葬儀のクチコミ評価が高いです。

その1つとして通夜の翌朝に火葬を行ないその後葬儀を行なう前火葬と、通夜や葬儀終了後に火葬を行なう後火葬が混在しています。
前火葬の場合は、告別式に故人の顔を見たいと思ってもすでに遺骨になっているため、事前によく確認をする必要があります。
福島県のしきたりとして納棺時に副葬品として、男性であればカミソリ女性であればはさみといった刃物を入れる場合があります。これは魔除けという意味ではく以前湯潅を行なったときに男性の場合はヒゲを、女性の場合は髪の毛を切っていた名残であると考えられています。

Yahoo!知恵袋についての情報です。

また、他県同様告げ人の風習もあり2人1組になって訃報を知らせていたと言われていますが、地域によって告人・わざふというように呼び名も異なっていたと言われています。


県内の一部の地域では、出棺時に仮門を玄関の脇に用意しそこから棺をくぐらせるという風習が残っています。
仮門は竹などの弓状に曲げたものを使用し、出棺後にはすぐに壊されます。



これには死霊との別離を明確にするという意味があり、万が一死者が戻ろうとしてもすでに門を壊してしまっているためこの世には帰ってこれないようにするためと考えられています。

故人が迷わずにあの世にたどり着けるようにと農村部では仮門を燃やす門火を焚く地域もあると言われています。


納得の知識

subpage2

福島は東西に広い県ということもあり3通りの特徴があると言われており、葬儀社もそれに合わせて数多くあります。福島県の中でも特におすすめなのが120年以上の歴史を持つ葬儀社です。...

next

サポート情報

subpage3

葬儀にはいくつか形式があり、主に選ばれているのは4つの形式だといいます。直葬、一日葬、家族葬、一般葬です。...

next

身に付けよう

subpage4

福島県の葬儀はまだまだ古い慣習が根強く残っています。お葬式に際して、隣近所が手伝うのは当たり前で念仏講や隣組といった10件程度の家が1組となって葬儀を取り仕切るほどです。...

next

葬儀関係の情報

subpage5

葬儀の形式で選ばれることが多いのは4つの形式だといいます。福島県でもこの4つのうちにどれかが選ばれて執り行われることが多いということですが、どの形式でもご遺族に失礼に当たるようなことをしないように、マナーを確認して参列することが大切です。...

next