変わりつつある福島県の葬儀

subpage01

福島県の葬儀はまだまだ古い慣習が根強く残っています。

お葬式に際して、隣近所が手伝うのは当たり前で念仏講や隣組といった10件程度の家が1組となって葬儀を取り仕切るほどです。

参列者の接待も隣組が行うという考え方があります。
福島県民にとってはお葬式も地域な重要な仕事ととらえている人が多く仕事を休んでもお葬式を優先する人がいるほどです。

話題の最新福島の葬儀情報をお届けします。

また、出棺する際玄関からではなく脇に仮門をつくってそこから出棺する地域もあるほどです。
このように福島の葬儀は近隣住民と密接につながっていますが、近年都市部を中心にその形態が変わりつつあります。

Girls Channelに関する疑問が解決できます。

その代表的な形が家族葬です。


家族葬は、近隣住民は参列せず、親戚やごく近しい人のみでとり行われるお葬式です。



生前から家族葬を希望する人が増えているのは、近隣住民に手伝ってもらうという煩わしさを残された家族に味わわせたくないという思いや、費用的な面においても安く抑えられるということからでしょう。

従来のような家で行う葬儀は、大がかりで参列者も多いお葬式でしたが、高齢化の中で会社を退職してから何年もたって亡くなった場合参列する人自体が減っているという点も、大きなお葬式が必要ないのではないかと故人も遺族も考えていることが挙げられます。
また、東京などの都会に出た子供達が県内にいないということも多く、自宅での大きなお葬式をせずに葬儀会社に一任する家族葬のような小規模のお葬式が選ばれる理由でしょう。