福島で葬儀に参列するときに気をつけるマナー

subpage01

葬儀の形式で選ばれることが多いのは4つの形式だといいます。

福島県でもこの4つのうちにどれかが選ばれて執り行われることが多いということですが、どの形式でもご遺族に失礼に当たるようなことをしないように、マナーを確認して参列することが大切です。

福島の葬儀の専門サイトのココです。

たとえば、参列するときにしてはいけないマナー違反とはどんなことなのかというと、遅刻をしたり、お香典に新札を包むなどがあります。


葬儀に参列するときに遅刻するなどもってのほかです。

必ず開始時間を確認し、案内通りに到着するように気をつけなければいけないです。もしもやむを得ない事情で遅れてしまうときは、お詫びを述べてご焼香をさせてもらうようにしておくといいです。

Yahoo!ニュース情報を豊富に提供しています。

また、結婚式では新札を使用することがふさわしいとされていますが、葬儀では逆に失礼なことだと考えられています。


ですがあまり汚い紙幣の場合はかえって失礼になってしまいます。もし新札を使用する場合は折り目をつけて包むようにしておくといいです。
ほかにも、ご遺族に故人が亡くなった経緯を訊いたり、参列しているときに知り合いを見つけたからといって話しかけたりするのもよくないです。

通夜ふるまいを遠慮したり、小さなお子様を連れていくのも実はあまりよくはないとされています。通夜ふるまいは故人への供養の意味もあるのでできるだけ参加をしておくといいです。お子様は静かにしていられる年齢ならば参列することもありますが、ぐずりやすい年頃の小さなお子様は近しい親戚でない限り、通常は同席させないことが常識とされています。

これは福島でも福島以外の都道府県でも同じです。
常識とマナーを考えて参列するように気をつけなければいけないです。