福島県で葬儀に参列するときの服装のマナー

subpage01

葬儀にはいくつか形式があり、主に選ばれているのは4つの形式だといいます。
直葬、一日葬、家族葬、一般葬です。

それぞれに特徴がありますが、葬儀のマナーはどんな形式でも同じです。


ご遺族に失礼がないように、あらかじめマナーをしっかりと確認しておくようにします。たとえば、通夜に参列するときには、男性はダークスーツ、女性は地味な色のワンピースなどを着用します。

真剣に福島の葬儀が気になる方はこちらへご来訪下さい。

喪服はご遺族が喪に服している、という意味で着用するので参列する人は略式のブラックスーツやワンピースなどでも大丈夫です。
葬儀や告別式などに参列をするときは、その場にふさわしい服装としてブラックフォーマルを着用します。
男性は黒無地のネクタイを、靴は金具がついていないものを選ぶようにします。

女性は肌をあまり見せないのが原則で、夏でも五分袖まであるものはふさわしいといわれています。子供の服装は、学生の場合は制服を着用します。
制服が無いときは、ブレザーに白いシャツかブラウス、無地の黒、紺、グレーなど落ち着いた色のズボン、スカートなどを着用するといいです。
派手にならないように落ち着いた色の服装を意識しておくことが大切です。

2ちゃんねるについて調べるなら、こちらをご覧ください。

赤ちゃんの場合は、新生児や乳児用の白が望ましいですが、もしもある場合はグレーなどのモノトーンのもの、または薄い水色やベージュなどの自然な色のものを選ぶようにします。

このような服装のマナーは福島県などでも同じです。



もちろん福島県以外でもこのように服装に気をつけて参列することが大切です。


福島県以外でも独特の形式がある地域などはその都度、どのような服装がいいのかを確認するといいです。